- - - - - -

マンモグラフィー検査からマンモトーム生体検査体験 その1石灰化画像付

ご無沙汰しました〜

 復活 しました!!

実は10月末から

 乳がん検査 の為に日本に帰ってました飛行機

17泊18日間のドキドキの体験をお知らせしますね〜

まず、日本へ帰って検査する事になった経緯から
つらつらと書き綴ります

リボン きっかけ リボン

=2008年9月25日=
ホットフラッシュの治療の為
婦人科でHRT(ホルモン補充療法)をお願いする
お医者様から「HRTをするにあたって
婦人科検診は必ず受診してくださいね」と言われる

ホットフラッシュの症状は漢方薬でかなり良くなってたけど
寝汗がまだひどくて、夜中に何回か起きて着替えをする事もあって
その話をお友達にしたところ、全くナビと同じ症状だったのが

「HRTでウソみたいにすっきりとした」

って話を聞いて「是非紹介して!」とお願いしていたのです

錠剤とジェルを処方してもらい早速当日の夜から
HRT(ホルモン補充療法)をスタート

HRT(ホルモン補充療法)をすると
ホットフラッシュや発汗や動悸・息切れなどの血管運動神経症状と
言われる症状がかなり軽減され、またイライラや憂鬱感、不眠などの
精神症状もかなり軽減するそうです

その反面、副作用が無いわけではなく
胸が張ったり体重が少々増加したりする事もあるらしい

HRT(ホルモン補充療法)の中心はエストロゲン(卵巣ホルモン)で
これは子宮や乳房の細胞を増殖させる作用があり
それが子宮体癌や乳がんのリスクを増加させるのではないか、と
懸念されているんですね

でも最近の研究では黄体ホルモンを併用すれば
そのリスクは増加しないと報告されています

ナビも日本でお医者様にそこんところを尋ねたら
「むやみに心配する事はない」との事でした

きちんと定期的に検診を受けていれば
そんなに心配する事はないってことよね〜

リボン マンモグラフィー体験 リボン

=2008年10月3日=
いつもかかっているホームドクターのところで
マンモグラフィーと子宮頸癌検査を受ける

マンモグラフィーは4年前にも受けてて
その時は異常なしだった

子宮頸癌の検査は、まあ、イヤな事はイヤなんだけど
あーた、マンモグラフィーと比べたら
「へっ?」って言うようなもんよー

マンモグラフィーはね、脅かす訳じゃないけど
それはもう

   痛ーーーーーい!!!どんっ(衝撃)

子供も産んでるナビやけど
「痛い!!!」って叫んだわよ

要するに乳房を2枚のプラスティック板の間に
べちゃ〜〜っと平た〜く 押しつぶして X線撮影を
するんやからもう、痛いのなんのって!

挟まれた痕が真っ赤になってそのあと紫になって、で最後に
黄色になるくらいなんよー!

って充分脅かしてるやん!

ここでマンモグラフィーのイラストを
未果さんのブログから拝借

ほんとにこんな感じ↓ 情けないよね〜 クリックすると大きくなります
mammo_illust.jpg

ナビが撮ってもらったクリニックでは
ガウンをはおって半身ずつ胸をはだけて撮りました
技師さんは女性だったので気分は楽やったわ

撮り終わったら技師さんが

「前回撮ったのはいつ?」
「以前撮った写真は持ってない?」

だって。

(*o*)えっ!? って事はなんか問題?

だって、比較したいから聞くんでしょ?

看護士さんからは「今日の写真が出来たらお知らせしますね」
だけだったので、そのまま帰宅。

何か不安。

=10月4日=
看護士さんから
「もう一度、別角度から撮りたいので月曜日にまた来て下さい」
と電話連絡。

えーーーーっ、やっぱり
なんかあるんやわー とバッド(下向き矢印) 落ち込む

=10月6日=
2回目のマンモグラフィー
痛さの具合が分かってるだけに 嫌やなぁ(>_<) と思いつつ撮影

やっぱ

   痛ーーーーーい!!!

結局1回目と2回目で合わせて8枚撮られた!
8回むぎゅうっっと挟まれたってことやわね。
あー 痛かった! てか痛すぎ!!!どんっ(衝撃)

看護士さんから「座って待っててくださいね」と言われたので
しばらく待つ

ドクターに呼ばれて診察室へ

「両胸に石灰化と左胸に白い影の所見があるので
 乳腺専門の先生に診てもらって下さい。
 紹介状をすぐに書きますね」

だって。

あー 嫌だなーバッド(下向き矢印) とまた落ち込む

乳腺専門の先生が混んでて予約が取れたのが10月17日でした

マンモグラフィーで撮れた石灰化部分の画像はコレ↓
クリックすると大きくなります
031008_mammography.jpg

右胸の脇にあった石灰化部分です
香港ではレントゲン写真は必ず本人に渡してくれるので
ウチでモニターに挟んで撮りました

日本では写真は貰えなかったので手元にある
「ブツ」の写真は香港で撮ったものだけです

リボン 超音波検査 リボン

=10月17日=
乳腺外来で受診
この日は説明を聞くために旦那も一緒に来た

お医者様はマンモグラフィーの写真を診て
「超音波で診てみましょう」

で、超音波で左胸から

先生:左の白い影は水泡でこれは問題ありません

ナビ(心の声):良かった、、、、

先生:石灰化は写りませんねぇ

ナビ(心の声):?????

次に右胸

先生:石灰化は超音波では写りませんねぇ

ナビ(心の声):写らないって、無いってこと????

超音波診断が終わってデスクで先生から説明を聞く

先生:石灰化が右胸に2つ、左胸に1つあるので
   マンモトーム生検をしてガンがどうか、確認しましょう

ナビ:それはどういった検査ですか?

実際の写真を見せてくれながら

先生:乳房に局所麻酔をして太い針を刺して細胞を吸引して切り取り
   検査するもので入院の必要もなく傷跡も目立たなく
   疑わしい箇所を切開して切り取るという従来の方法ではないので
   乳房の変形もありません
   患者の負担が少ない検査方法です

ナビ:費用はどのくらいかかりますか?

先生:針が1本 3万ドル
   あなたは3カ所なので 3万×3本 で9万ドル
   それに麻酔費用等がかかるので
   10万ドルは越えますね

   ひえ〜〜〜〜っ 10万ドル!!!!

 Σ(@Д☆)Σ(@Д☆)Σ(@Д☆)Σ(@Д☆)Σ(@Д☆)

と、今まで沈黙していた旦那が

旦那:わかりました
   それでお願いします!

お、おい!!!

また ええかっこして!

  $$$ 10万ドルだよ、10万ドル $$$

今は円高だけど、ざっと計算して日本円で

 約130万円!!!

ナビはもう、その金額に打ちのめされ
通帳の $預金残高$ が目に浮かび

「お願いします」なーんて軽く言った旦那に

ナビ家の現実を知らんのか!どんっ(衝撃) と大声で言いたいのを
抑えながら抑えながら先生が続けている話を聞いてた

先生:来週の木曜日が空いているのでその日にしましょう

ナビ:少し考えさせてください。こちらから連絡します。

で、帰ってきちゃいましたよ

家に戻ったナビはマンモトーム生検の事を早速ネットで調べまくり
旦那も日本の会社に問い合わせたりでバタバタ

医療保険には入っているので保険はおりるけど
限度があるので、今回このマンモトームで
限度まで使っちゃうと来年の9月まで保険ナシ

何かあったら全額負担となる
うーん、それもコワいなぁ、何があるかわからへんし

旦那から「日本では数万円で済むらしい」との電話
旦那は日本へ帰れ、帰れ!と

さっきは「お願いします!」って言ってたやん
どっちやねん

日本で受診するとなると実家にお泊まりかぁ
と考えるとその方が病気よりもストレスになりそう、、、、

母はものすごーく心配性なうえ
実家に居たら朝から晩までべったりふたりきり

当然「大丈夫なん?どうなん?」「いつ、はっきりするん?」
と言い続け、悪い方、悪い方に考えてしまう傾向が、、、

旦那は実家に帰ればもうそれで肩の荷が下りたってか、安心で

「付き添いの必要もないし香港で仕事も出来るし」
って思ってるかもしれへんけど

ナビにとっては香港で検査する金額の事より
精神的にもっとしんどい

ぐずぐず考えていたらひらめき思い出した!

お友達のお身内が実家近くの病院で乳がんの手術をしたんやった

で、早速電話で聞いてみたら

「とても明るく話しやすい聞きやすい先生で良かったよ〜
 術後の経過もすごく良いわ」

との事で、このお友達の一言で

ナビは決めた!

この先生にお願いしようexclamation



次回は「マンモトーム生検体験」です

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える
シンボルマークであるピンクリボン

2008年Yahoo Japanの
ピンクリボンキャンペーンのサイトです
参考にしてくださいね〜

スポンサード リンク
posted by 香港マダムナビ at 2008年11月20日 | 香港 | Comment(2) | TrackBack(0) | マンモグラフィー&マンモトーム
この記事へのコメント
ナビさん、こんにちは。しばらく更新がなかったので、どうされているのかな?と気になっていました。

しかも、乳がん検診とは、、、私もつい数日前にマンモグラフィーなどを受けたので、実にタイムリーな話題。私の場合は数年前に乳がんが分かって、手術したので、それ以来定期的に、いろいろな検査を受けています。

気になることがあったら、検査をして、早く安心したいですよね。検査のための帰国ということだったようですが、日本滞在は楽しめましたか?
Posted by Kory at 2008年11月22日 19:03
>Koryさん
まあ!Koryさんは手術なさったの?
それは大変でしたでしょう?
「乳がん」や「検査」については大先輩ですね。
定期的な検診は必須ですね。実感です。
ところでナビが日本滞在中は、ちょうど寒くなり始めたところで紅葉をすこし楽しむ事が出来ました。
「まつたけ」もほんのちょっとだけ味わってきました。
これに温泉が加わったら最高だったんですけど、、、、。
次回の日本行きでは是非温泉を楽しみたいと思います。
Posted by 香港マダム ナビ at 2008年11月25日 00:28

この記事へのトラックバック
- - - - - -