- - - - - -

マンモグラフィー検査からマンモトーム生体検査体験その4 結果 検査痕画像付

リボン 結果 リボン

=11月14日=

いよいよ 検査結果 です

15時半の予約で病院到着

2時間半ほど待たされました
外はもう薄暗い、、、、

多分大丈夫って、せんせ、言いはったけどー

ちょっと ドキドキやわ!!

名前を呼ばれて診察室へ

先生「あー ナビさん、問題ない! 大丈夫や!」

きゃーー 

 ♪〜o(゚∇゚*o)(o*゚∇゚)o〜♪ 良かったぁ!!! ♪〜o(゚∇゚*o)(o*゚∇゚)o〜♪

  ブツは良性 でした〜

生体検査で採った「みみず」みたいな組織の
石灰化部分のレントゲンも見せてもらった

先生「ほら、しっかり採れてるからだいじょうぶや」

ナビ「ありがとうございますっ!!!
   はぁ〜香港から来たかいがありましたわ」

先生「それにしても香港は高いなー
   1本30万か〜
   香港の医者はええ暮らししてんのやろなー」

せんせ、そないにぼやかんでも、、、、、


ナビは気になる事を先生に尋ねた

ナビ「今回はラッキーな事に良性やったけど
   これがもし、癌やったら、、、
   マンモトームでその部分を採ったからもう良いんですか?」

先生「いや、取らなあかんよ」

この場合の「取る」とは病巣のまわりを切り取るってことらしい

ふぅ〜 ほんまラッキーやったわ!!


ナビ「これからのマンモグラフィー検査はどれくらいの期間で
   受けないけませんか?」

先生「うーん、半年、、、、いや、一年?
   うー いや やっぱり半年やな
   半年やったら安心や」

ナビ「せんせ、すみませんけど保険の為に
   書類に記載してもらえますか?」

先生「おーそうやったなー」

で保険請求書に診断書を書いてもらう
これが無いと治療費の請求が出来へんから
ここが大事なのです

ナビ「ほんまに、せんせ、ありがとうございました
   お世話になりました
   香港にいらっしゃることがあったら
   きっと連絡してくださいね!
   アテンドさせて貰いますからー」

M先生達の 「お大事に〜」の声を聞きながら
診察室をあとにしました♪

あー これでほんとに安心して香港に帰れるわ〜 v(^o^☆)

今回の費用は 2,980円

会計で支払いを済ませ全てが終わって
病院を出たのが午後7時前
外はもう真っ暗でした

日本での検査の費用は薬代も含め
全部で 80,600円!!

香港で言われた 130万 の6.2%

たったの 6.2%

いかに香港の私立病院の医療費が高いか!って事やん
そりゃ 香港のお医者さんはええ暮らし出来るわ

M先生でなくてもぼやきたくなるわ〜

っと、元に戻って、、、、

検査結果聞いた後は安心したのと
長い時間待たされたあとで気だるく
どっ!と疲れました

返りにまたデパ地下でお惣菜を買って
ホテルに帰ってシャワーして
お部屋でゆ〜〜くり夕食しました

テレビを観てたらいつの間にか
うたた寝眠い(睡眠)

明日は香港へ帰る前の日
また別のホテルへ移動やから
体力温存で早々に就寝しました

で、次の日はヘッドスパでリフレッシュ
ホテルを移動して街をぶらぶらして
のんびりと過ごしました

そして無事に香港に戻ってきたのでした〜るんるん

比較しやすいように検査痕を並べてみました
↓上が検査翌日  下が検査後2週間
copy061108_mammotome.jpg
191108_mammotome.jpg

今回の日本行きは母には内緒でした
実家に泊まれないので
ホテルとお友達宅を移動しながらの受診でした

ホテルを手配してくれたSさん
急だったのに快くお泊まりさせてくれたIさんにYさん
会いに来てくれたTさん、Oさん、Aちゃん
おいしいおせんべいを送ってきてくれた、Cさん

皆なに助けていただいて無事に乗り切る事が出来ました!
ただただ皆さんに感謝です!

ほんとにほんとに ありがとう!!!


スポンサード リンク
posted by 香港マダムナビ at 2008年11月23日 | 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンモグラフィー&マンモトーム
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
- - - - - -